おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

【サラリーマン書評】「出版禁止」長江俊和~後半衝撃のラスト

SPONSORED LINK

今回は、長江俊和さんの「出版禁止」を読みました。

なんか変わった感じの小説でした。

何かルポルタージュ風の書き方で、7年前の心中事件の真相を追い求めるルポライターの目線で、話は進んでいきます。

  

 

 

f:id:se-keneconomy:20200203221036j:plain


 

説明 注!ネタバレ

概要はというと。

あるルポライターが、7年前に起きた心中事件を、ある人により再度調べる事になります。

何度も依頼していた、心中で生き残った女性にインタビューすることが出来ることになりました。

会って話をしてみると、どう考えても。数ある証拠をみても、心中以外に考えられません。

しかし、何か違和感を感じる。

殺人か。。。

それに反して、出てくる証言、証拠は全てが心中を指し示している。

 

読んだ時の感想

なんか、読みたいなって思う本がなかなか無くて、少し変わったこの本を手に取りました。

読み始めはというと、なんか退屈な感じでした。

字は少なめで読みやすくて、すいすいとは読めるんですが。

後半は、あれ?って感じで、どんでん返しがありますが、まだ消火しきれてません。

少しずるいような感じです。

書いている内容と事実が異なるというのは、少しイヤな感じですね。

結局なんだったのか?

精神がいかれたのか?

それともカミュの刺客だったのか?

 

総評

◆読みやすさ

読みやすさ:4

文字は少なめで、インタビューの箇所が太字で分かり易い。

展開は、中盤少しだるい。

 

◆意外度

意外度:5

後半の数ページで一気に期待を裏切る。

ドッキリ度は満点だが、少し気分悪くなる。

そんな感じが、最後まで無かったのに、いきなりって感じ。

 

◆夢中度

夢中度:2

このままじゃ終わんないよなっていう期待感は、やはり最後まであったかな。

 

 

◆読んだ後のすっきり度

読んだ後のすっきり度:2

謎が。。。

もう少し解説が欲しいところ。

当事者が全て亡くなり、真実が見えない。。

 

 

www.oguecolabo7.com