おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

【サラリーマン書評】「殺人犯はそこにいる」清水潔~警察の驚くほどの無能さ

SPONSORED LINK

これ一時話題になっていた、タイトルを隠して売っていた本です。

 

タイトルは、「犯人はそこにいる」。

 

これは本当に多くの人に読んでもらいたい。で、警察に対してもっと怒りを持ってほしい。

これほどまで無能でよいのか?公務員でももっと能のないやつは、処罰が必要だと感じました。

 

犯人は捕まっておらず、警察も捜査していない。

f:id:se-keneconomy:20200827215527j:plain


 

 

 

 

説明 注!ネタバレ

概要はと言うと。

 

1979年から、1996年の間に、足利市太田市で発生した4件の幼女連続殺人と1件の幼女不明事件。

 

逮捕されていた元幼稚園バスの運転手は、DNA鑑定により無罪となった。

一人の記者が執念で事件の真相を暴いていく。

 

ただ、警察や検察は保身に走り、真犯人を長い間野放しにした上に、更なる保身に走り、犯罪者を野放しにしている。

 

少なくとも4人の幼女を殺害した犯人は、今もノウノウと生きている。

 

なぜ、警察や検察は、純粋に犯人を捕まえようとしないのか。

 

この本を読んで、警察、検察、科警研に対する怒りしか湧いてこない。

 

 

総評

◆読みやすさ

読みやすさ:4

非常に分かり易く、丁寧に説明してくれていて、さすが記者と思う。

特にDNA鑑定の部分は凄く分かり易い。

 

◆意外度

意外度:3

正直、ある程度、警察とやらがドラマのごとく動かないんだろうなって言うのが、分かった。

意外性は少ないが、それでも腹が立った。

 

◆夢中度

夢中度:5

もう、本当に夢中になった。

事件の流れがどうなるのか。

これをどうやって、周りに薦めれば良いのか。

本屋さんの気持ちがよく分かった。

 

◆読んだ後のすっきり度

読んだ後のすっきり度:1

さすがにスッキリはしない。

 

 

 

www.oguecolabo7.com

www.oguecolabo7.com

 

 

読書について

本を読んでいると何か吸い込まれるように、その物語の中に没頭してしまいます。

いい意味でも、悪い意味でも。

時に深く考えさせられることもあります。

人生にとって読書、本を読むというのは非常に大切なことだと私は考えています。

最近世間では本離れが進んでいると言われています。

本を手にする代わりに、なんでもスマフォで調べたり、スマフォで小説を読んだりと。

ある意味それは時代の流れかもしれないのですが、しかし私は紙の本を手に取って読んでもらいたいと考えています。

もちろん中には読むに値しない駄作も数多くありますが、それ以上に良い本はたくさんあります。

駄作の中にもそれぞれ考えさせられることもあり、無駄な本はあまりないと考えています。

もっとみなさん本を読みましょう。

そこから何か、ほんの少しでも自分を高める何かが見つかるような気がします。

ほんの少しかもしれませんが、それが積もると立派な財産となります。