おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

人口減少の恐怖〜市場が海外に移っていくがそれに乗れない日本

SPONSORED LINK


◆◆◆  お勧め商品  ◆◆



中田敦彦YouTube大学。

これ勉強になります。

中田敦彦が、いろんな問題を要約して、説明してくれるものですが。

これだけわかりやすく要約するって言うこと自体、すごくこの人頭いいなって、改めて思いますね。

 

最近のトレンドは、アフリカだったんですが、その中でやはり一番気になるのは、人口動態について。

アフリカは、2050年には、人口が今の倍になり26億人程度となり、なんと4人に1人がアフリカの人ってなるってことです。

 

 

人口増加の傾向

f:id:se-keneconomy:20210705162921j:plain

今世界で一番人口が多い国は、中国です。

その次がインドですね。

2027年には、インドが中国を抜いて1位になるって予想されていましたが、予想以上に中国の人口が減っているため、もっと早くインドが1位になりそうです。

 

インドの次に人口が増えているのが、アフリカ。

アフリカだけ大陸で言ってますが。。。

アフリカの中ではナイジェリアですね。

 

2050年には、インド、中国に次いで世界第3位になるとの予想が立っているそうです。

 

 

www.oguecolabo7.com

www.oguecolabo7.com

 

人口による経済効果

f:id:se-keneconomy:20210705163000j:plain

人口が多い国は、それだけでかなり強い経済効果を生みます。

単純に考えても、消費活動の規模が違いますよね。

また、労働人口も違います。

人口が多いというと、労働人口も多いってことになります。

あくまで単純に言うとです。

人口ピラミッドで、高齢化率が高いと、人口が多いイコール労働人口が多いとはなりませんが。

 

しかし、今のインドやアフリカでは、人口ピラミッドは下に行くほど多くなっています。

アフリカなんて、今多いゾーンが10代ですからね。

 

10代とか20代なんて、ほしい物がいっぱいありますからね。

 

中田が言っていますが、人口が多いと言うのは、それだけ需要もあると言うことです。

だから、そういう国のインフルエンサーは、すごいフォロワーがついてるそうです。

1,000万人とかフォロワーがついてるインフルエンサーがざらにいるそうです。

 

1万人のインフルエンサーと1、000万人のインフルエンサーでは、影響力が全く違います。

ある商品を紹介しても、売れる規模が全く違いますよね。

 

このようにやはり市場は人口に影響するんですよね。

まぁ、商品をどこに向けるかにもよります。

アメリカは常に世界に向けて商品を売りますよね。

日本は、悲しいかなどうしても日本国内向けとなります。

 

言葉の壁もありますが、そもそも世界に向けてのプレゼンテーションが足りないってとこもありますが。

 

 

www.oguecolabo7.com

 

日本は今後人口減少が進む

f:id:se-keneconomy:20210705163053p:plain

日本はどうか。

これはもうみなさんご存知の通り、少子高齢化が進んでいます。

日本の出生率は、2018年で1.42です。

2020年は、コロナの影響もあり1.34となっています。

 

フランスが約1.9。

アメリカが約1.7。

カナダが約1.5。

 

パッと見ると、日本とそう変わらへんなって思われるかもしれませんが、移民の問題があります。

日本は、移民をほとんど認めていませんからね。

アメリカなんて、移民してくる人が多いですからね。

 

日本の人口減少はもう始まっています。

2020年は、約50万人人口が減少しました。

もちろんコロナの影響はあるでしょう。

しかし、もうそういう流れは始まってるんですよね。

 

今後どうすれば良いか

f:id:se-keneconomy:20210710105837j:plain

人口減少は、そのまま経済の縮小につながるのか。

これは色々言われていて、影響するっていう人もいれば、関係ないっていう人もいます。

どちらが正しいのか?

 

私は、経済に影響するって考えています。

なぜなら、ものが売れなくなるから。

あと、売れても、それを作る企業において、労働者が足らなくなるから。

 

出生率が下がれば、生まれてくる赤ちゃんの数は減ります。

となると、玩具やベビー用品がまず売れなくなりますよね。

反面、子供が減る分、一人の子供にかけるお金は増えるかもしれません。

しかし、それもある程度までで、それ以上進むと売り上げは減っていくでしょう。

 

学校も少子化で廃校、統合などで減ると、先生の数も減ってくるでしょ。

商品が売れないと、企業の売り上げも減り、労働者も減らしていかないといけないですよね。

ちょうど労働者人口も減るからいいかって。

それは縮小の方向にどんどん行ってしまいますよね。

 

インフラも心配ですね。

道路とか、水道などなど。

誰がそれを修繕するんですか?

もちろんそう言う会社ですが、労働者は?

ってなりますよね。

 

では、どうすればいいのでしょうか。

まず言えるのは、人口を増やすというのは非常に難しいということです。

対策をしても、成果が出るまでかなりの時間がかかるということです。

 

それにこういうマインドになってからだと、そのマインドを変えるのは非常に難しいということ。

このマインドはと言うと、「結婚なんてする必要ない」「子供はいらない」「家庭より仕事」「ワーキングウーマンの方がかっこいい」

 

従って、いろんな対策をうっても多分あまり効果は期待できません。

ではどうすればよいか。

 

もう日本の経済に期待しない。

期待しないけど働くのは日本企業。

だから、投資・運用はもう海外に期待する。

日本円がどんどん価値を無くす中、それに反して元気な国の通貨は価値が上がります。

また、外国の企業も世界人口が増える限り、いまよりも成長するでしょう。

 

そういうところに投資して、その利益を享受していくのです。

なんで、日本円ってこんな経済なのに、買われているのか。

円高になっているのか。

もうかなりの人が気付き始めています。

あれ?おかしいって。

 

確かに日本文化、日本の治安、アニメは非常に素晴らしい。

しかし、それが日本経済にプラスになるか。

アニメはそうだが、しかし規模からすればたかが知れてる。

 

もっと大きく変わらないと、本当に日本経済は駄目になりますよ。

 

 

 

www.oguecolabo7.com