おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

キャッシュレス決済はPayPay?LINE Pay?どちらがおすすめ?

SPONSORED LINK

ここ最近、政府のキャンペーンもあり、国を上げてキャッシュレス化を進めていますね。

コロナウィルス感染もあり、レジで直接をお金のやり取りをするのを嫌い、カードなどで支払う人も増えているでしょう。

あと、消費税増税の時に、キャッシュレス還元もありましたからね。

 

ところが、一言でキャッシュレスと言っても様々なものがあります。

今回は、そんなキャッシュレス決済の中でも有名な、PayPayLINE Payについて紹介します。

f:id:se-keneconomy:20200711091318j:plain


 

PayPayのおすすめポイント

まずは、PayPay。

PayPay株式会社(ペイペイ、英語: PayPay Corporation、旧社名:Pay株式会社)は、電子決済サービスを展開する日本のIT企業。

ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁により、2018年6月15日に設立された。

中国の電子商取引企業・アリババが多額出資する、インド最大の決済サービス企業・ペイティーエムと連携し、2018年10月にQR・バーコード決済サービスを開始した。2020年4月22日時点で、2800万人のユーザーと、220万箇所の加盟店をもつ。

引用元:Wikipedia

 

そのPayPayのおすすめポイントとして。

 

  • ソフトバンク、ワイモバイルユーザーが優遇されやすい
  • 利用できる店舗が多い
  • キャンペーンを多く行っている

の3つがあります。

 

まず、ソフトバンクワイモバイルのユーザーが優遇されやすいということです。

 

例えば、ワイモバイルユーザーの場合、PayPayモールで還元率が最大10%になったり、通信量をPayPayで払えたりします。

 

ソフトバンクでも同様の優位性があります。

 

さらに、100億円あげちゃう等のキャンペーン時、還元率が一般ユーザーの最大2倍になるため、この2社のユーザーがPayPayを利用するメリットはかなり大きいです。

 

次に、利用可能な店舗が多いということです。

 

ICT総研の調査によると、2020年1月現在、全国100拠点で利用可能店舗数を計算したところ、PayPayは断トツの32,044店舗です。

d払いが5,839店舗、LINE Payが4,936店舗なので、PayPayの圧倒的な普及率がわかります。

やはり、使えるお店が多いというのは、かなりのメリットですね。

使えないとやはり不便ですからね。

 

最後に、20%還元や、抽選で1,000%還元などのキャンペーンを頻繁に行うということです。

ソフトバンクの潤沢な資本があるため、競合他社よりも多く行えるので、キャンペーン目当てでPayPayに登録するのもアリです。

 

www.oguecolabo7.com

www.oguecolabo7.com

 

PayPayの始め方

f:id:se-keneconomy:20200711093854j:plain

ここまで読んで、じゃーPayPay始めようかなって思った人。

まずは始め方ですよね。

 

PayPayへの登録

f:id:se-keneconomy:20200711092953j:plain


支払い方法の決定

次は支払い方法。

次の3つから選択します。

  1. 銀行口座からの引き落とし
  2. 現金チャージ
  3. クレジット

 

実際に使ってみる

f:id:se-keneconomy:20200711093224j:plain



f:id:se-keneconomy:20200711093314j:plain

 

paypay.ne.jp

 

 

 

LINE Payのおすすめポイント

お次は、LINE Pay。

2014年12月にサービス提供を開始したモバイル送金・決済サービス。

日本の他、台湾、タイ、インドネシアでサービスされている。

LINEの親会社である韓国NAVERも同様の「NAVER Pay」を提供しており、サービスインこそLINE Payのほうが先行しているが、2019年現在のLINE Payは、NAVER Payの日本向けローカライズ版、日本円建て決済を可能にしたサービスという位置づけである。

2019年5月17日より、NAVER Pay利用者がLINE Pay加盟店で直接決済可能なサービスをスタートした。

法規制の関係から、国を跨いだ他国のLINE Pay加盟店での利用は、海外ユーザーが日本で利用するインバウンドなど一部に限られている(日本ユーザーは、後述の「韓国ATM両替」サービスを除き利用不可)。

2019年6月時点で90万箇所の加盟店をもつ。

接触決済のQUICPayも含めると171万カ所ある。

引用元:Wikipedia

 

そのLINE Payのおすすめポイントは。

  • ポイント還元率がランクで変化する
  • LINEモバイルで便利
  • アプリ1つで完結する

の3つがあります。

 

まず、ポイント還元率がランクで変わるということです。

 

LINEポイントクラブにはレギュラーシルバーゴールドプラチナの4ランクがあります。

 

それぞれ条件や特典は異なりますが、最高ランクのプラチナではLINE Payの還元が3%になります。

つまりレギュラーの3倍です。

 

QRコード決済の還元率は0.5%が多いため、最低ランクでも1%還元なのでかなりの高還元であるといえます。

 

次に、LINEモバイルで便利であるということです。

 

LINEモバイルを契約すると、キャンペーンでLINE Pay残高やLINEポイントが貰えます。

1度だけですが、契約だけで5,000円以上もらえることもあるため、LINE Payユーザーで通信会社に悩んでいる人は、LINEモバイルがおすすめです。

通信料もLINE Payで支払えます。

 

最後に、アプリ1つで完結するということです。

 

現在の連絡手段はほとんどがLINEですが、LINE PayはLINEアプリの中にあります。

さらにLINEモバイルを利用しているのであればそれもLINEアプリ内で設定や情報確認などができます。

つまり、決済・連絡・通信会社を一括で管理できるという手軽さがあります。

 

 

www.oguecolabo7.com

 

LINE Payの始め方

f:id:se-keneconomy:20200711094253j:plain

 

まとめ

まとめ
PayPayは使えるお店が圧倒的に多く、今後のQRコード決済のスタンダードとなっていくと考えられます。
また、LINEPayもLINEアプリで簡単に支払えるため、利用者がどんどん増えています。

これら2つのQRコード決済アプリは両方登録するのがおすすめです。