おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

ウインランというタイヤに交換してきた~アジアンタイヤがお得

SPONSORED LINK

1年ほど前から、ディーラーに「タイヤが減ってきてるので、交換をした方がいいですよ」って言われてました。

 

しかし、普通に見たかぎり、溝はまだあるよなって感じでした。

ただ、先月の定期検査では、もうタイヤが限界に近づいてますよ。って。

今のタイヤも5年以上はいていて、確かによくよく見るとかなり減ってる。

しかし、ディーラーが見積もってきたタイヤの価格は、12万。おーい、高すぎるだろ!

f:id:se-keneconomy:20191208122532j:plain


 

 

ネットで価格調査

早速ネットでタイヤの価格を調べてみました。

種類というかレベルがいろいろあり、ほんとにピンキリでした。

安いのは4本で3万ちょっと。

高いのになると、もう15万とか。

高いのは、もう有名なブランドばかりです。

ヨコハマタイヤとか、ブリジストンミシュラングッドイヤーなどなど。

 

そこで、もうほとんどが街乗りだし、タイヤの性能を云々という車でも無い。

普通のワンボックスカー

と言うことで、一番価格が安い、ウインランと言うメーカーについて調べることにしました。

 

 

www.oguecolabo7.com

 

ウインラン

最近特にコストパフォーマンスの観点で、アジアンタイヤと呼ばれるタイヤが結構売れているようです。

 

中国のタイヤメーカーです。

アジアンタイヤとは、アジアのタイヤメーカーが販売しているタイヤの総称です。

日本ではダンロップや、ブリヂストンヨコハマタイヤが有名ですが。

アジアの中国、韓国、マレーシアもタイヤを発売しているメーカーがあります。

やはり売りはその価格。

かなり安くなってます。

 

で、一番安いウインランについて調べてみると。

意外と評価は高いことが分かりました。

 

ほとんどのユーザーは、私のような街乗りでしょうから、そんなに性能はこだわらないのでしょう。

街乗りなので、ロードノイズとかも気にしないでしょう。

北海道のまっすぐで綺麗な道を、窓を開けて走るので無い限り、気にならないでしょう。

時に、最悪だとか、ロードノイズが酷いとか言うコメントがありましたが、かなりレアな意見かと。

 

 

www.oguecolabo7.com

 

タイヤはカーポートマルゼンで

ショップは有名なカーポートマルゼンにしました。

品揃えが豊富だし、専門店ですからね。

安心です。

タイヤマルゼン タイヤマルゼン」ってCMで歌っていますよね。

子供も口ずさんでいます。

これって、関西圏でした流れていないのでしょうか。

関西の人なら、「関西電気保安協会」と同じぐらい有名でしょう。

ちょっと男前のお兄さん方が、店内でタイヤを転がせています。

 

ということで、カーポートマルゼンに10時、開店ちょうどに行きました。

そして、お店の店員にタイヤの交換をしたいと。

 

すると、車を見に行き、同じメーカーのダイヤを薦めてきました。

ダンロップだったので、ダンロップの価格が4本で6万弱の物。

 

しかし、もう迷うこと無く、いや、一番安い奴で。

ウインランにします。って。

すると、今在庫がないので取り寄せになります。

2、3日で届くとのこと。

 

来週の予約をして、その日は帰りました。

価格は、工賃込みで37,000円。

いやー、当初はいろいろ考えて7万ぐらいはかかるのかなって思ってましたが、アジアンタイヤの存在を知り、意外と安く交換できることに安心しました。

 

仮に3年程度で駄目になっても、この価格だとまた変えたらいいわってなります。

普通のタイヤでも、寿命は4、5年って言われましたからね。

 


f:id:se-keneconomy:20191208110658j:image

いやー、やはり新しいタイヤって気持ちいいですね。

当然ロードノイズは全く気にならない。

タイヤの空気圧も調整してくれてるので、なんか少し走り出しとかが軽くなった感じ。

 

この年末にまぁ少し痛い出費でしたが、これで当分タイヤのことは心配不要なのでよしとしましょう。

 

 

www.oguecolabo7.com

 

 

www.oguecolabo7.com

 

ネットで購入し持ち込みも

いろいろタイヤについて調べていると、最近はネットで購入して、お店に購入したタイヤを持っていき交換してもらうというスタイルもあるそうです。

タイヤを通販で買うというのも、なんか違和感ありますね。

誰が運んでくるのか?

宅配便のおっちゃんじゃないよな。

 

ネット通販で検索してみると、やはり流通コストが低い分、価格は安いですね。

ざっと調べてみると、18インチのタイヤでも1本一万円以下がかなり多いです。

5,000円程度のものもあります。

4本で20,000円程度。

 

で、購入したタイヤは、やはり自分では交換できないので、お店に持ち込んで好感してもらうわけですが。

マルゼンは、持ち込んだタイヤの交換をしてくれるそうです。

工賃は、18インチ以上で約7,000円。

先ほどの価格だと、3万円弱で、交換できるということになります。

 

いやー、なんかすごいですね。

結構この価格だと、安いタイヤを短いサイクルで交換したほうが、コスト的にはいいかもしれませんね。

ブリジストンのタイヤを15万出して好感し、4、5年で交換するよりは、3万程度のタイヤを3年で交換したほうがお得ですよね。

 

タイヤだけに信頼性も必要だと思いますし、やはり日本のメーカーは素晴らしいものを持っていますから、どちらがいいかは見極めて、好みに合ったものを選んだ方がいいですね。