おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

【サラリーマン書評】「ストロベリーナイト」誉田哲也~面白いが少しモヤっとするね

SPONSORED LINK

今回は、「ストロベリーナイト」。

誉田哲也氏の作品です。

 

前回の「ノーマンズランド」で、ちょっと興味を持ちましたね。

姫川玲子シリーズの第一作目ということで、興味を持ちました。

ノーマンズランドの中でも、結構出てきました。

このストロベリーナイト事件。

 

なにやら姫川玲子の原点ということで、やはり読まないと。 

 

f:id:se-keneconomy:20210219235153j:plain

 

 

説明 注!ネタバレ

概要はと言うと。

 

ある池のほとりにブルーシートにくるまれた遺体が発見されました。

体には無数の傷が。

不可解な傷の謎から、姫川玲子の推理が働く。

 

実はこの事件、恐ろしい連続殺人であることが判明する。

しかし、手掛かりはありそうで、ない。

連続殺人であるが、その被害者の接点も見えない。

モヤモヤする中で、ある刑事が意外なところから接点を見つける。

 

ついついつかんだその手がかりを追う刑事。

魔の手は、意外なところから伸びてきた。

 

ここでは、あまり言うとネタバレになるので、この辺で。

以下の感想は、読んだ後また見てください。 

 

読んだ時の感想

正直、この著者である誉田氏の小説は、あまり気持ちいい物ではない。

なんか、ちょっと気持ち悪いって感じがします。

それが売りなのかもしれないけど、あまり好きじゃない。

ただ、ストーリーとしては面白い。

引き込まれていく感じがして、ついつい夢中になって読んでしまう。

それは、もう犯人を早く捕まえてほしいという、願いの他ならない。

 

で、犯人がどのような最期を迎えるのか。

それが楽しみと言うところかな。

 

姫川玲子の違和感を敏感に感じる感性。

プロファイリングに似た感性を働かせる。

ガンテツと呼ばれる、勝俣警部補からは、危なすぎる!と忠告も受ける。

微妙に外れているが、結果往来のところを指摘されているわけです。

少しずれると大変な過ちを犯すことになるって。

また、それがこの主人公の魅力かもしれないけどね。

 

別にあら捜しをするわけではないんですが、特に2つの点では、読みながら「なんでやねん!」って突っ込んでしまった。

 

↓ ここからネタバレなので、注意!!!

 

 

その1

ある刑事が重要な証拠を手に入れる。

その情報提供者からは、もうこれ以上関わらないほうが良い。魔の手はすぐ近くにまでせまってる!って忠告をうけた。

にもかかわらず、そのすぐ後に、あろうことか一人で、いかにも犯人がいれば襲われそうである場所に行ってしまう。

おいおい、注意された直後で、貴重な証拠を持っている状態なら、すぐにその情報を誰かに話すかするだろう。

それほど重要な名前がかかれている証拠なんだからって。

もう、ここはキー!ってなりましたね。

 

その2

クライマックスかな。

気付いたら、相応の準備をするだろ。

あれ?って気づいて確認するときに、逆に反撃されることは想定するだろ。

なんで、そのままやられてんねんって。

おーい!って。

 

後これは余談だが、日本の警察はそんなにばかじゃないぞ!って。

数々の悪事をやってきて、そのままってことはないだろう。

あまりにも、犯罪者がそのままのほほんって感じで生きてきた感じがして、すごく違和感があったな。

ちょっと犯人の設定に無理があるような気がしましたわ。

 

総評

◆読みやすさ

読みやすさ:3

今回は、ノーマンズランドで、ある程度出てくる人物がわかってるので、読みやすかったかな。

意外と読みやすい感じがしたな。

 

◆意外度

意外度:3

これは、ほんとにすごいよ。

わからへんし、他の人を疑ってた。

また序盤の方から、錯覚が始まる。

これは最後に気づく。

 

◆夢中度

夢中度:5

面白かったな。

ほんとにどうなるんだろって。

後半は、もう怒涛の如く読み進んだな。

 

◆読んだ後のすっきり度

読んだ後のすっきり度:2

これは意外となかったな。

最後というか、犯人はどうなるんだろって。

もっとそのあとどうなったのかを知りたいな。

しかし、あまり最後は気分的に良くないな。

 

 

www.oguecolabo7.com

 

 

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

 

読書について

本を読んでいると何か吸い込まれるように、その物語の中に没頭してしまいます。

いい意味でも、悪い意味でも。

時に深く考えさせられることもあります。

 

人生にとって読書、本を読むというのは非常に大切なことだと私は考えています。

最近世間では本離れが進んでいると言われています。

 

本を手にする代わりに、なんでもスマフォで調べたり、スマフォで小説を読んだりと。

ある意味それは時代の流れかもしれないのですが、しかし私は紙の本を手に取って読んでもらいたいと考えています。

 

もちろん中には読むに値しない駄作も数多くありますが、それ以上に良い本はたくさんあります。

 

駄作の中にもそれぞれ考えさせられることもあり、無駄な本はあまりないと考えています。

 

もっとみなさん本を読みましょう。

そこから何か、ほんの少しでも自分を高める何かが見つかるような気がします。

ほんの少しかもしれませんが、それが積もると立派な財産となります。