おぐけんの経済研究所

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについての記事を中心に書いています。

SBIFXトレードにFX口座をまとめる

SPONSORED LINK

FX口座をまとめる

今までFXの取引口座は、SBIFXトレードと、岡三くりっく365の2つの口座で行ってきました。

くりっく365の方が、スワップポイントが高いというのが1つ理由ではあるんですが。

ただ、くりっく365には1つ欠点が。

と、言うことで、評価損が出ていたのですが、思い切って口座を統合することにしました。

 

 

f:id:se-keneconomy:20191101220041j:plain


 

くりっく365の欠点

その欠点とは。

まぁ、欠点かどうかは人によって異なるんですが。

私にとってはちょっと嫌な感じでした。

それは、スワップポイントが引き出せないと言うことです。

正確に言うと、決済をしないとスワップポイントが使えない。

意外とこういうFX会社多いんですよね。

長い期間保持しようとすると、その間スワップポイントは貯まっていきます。

しかし、貯まったスワップポイントは下ろせません。

当然スワップポイントは、資産として計上するため、購入資金になったりはします。

しかし、その口座からお金を払い出そうとすると、投資した資金分しか払い出せません

投資した資金といっても、そこからポジション取得分の資金を引いた額となります。

これ、意外と精神的に良くないですよね。

もう、ほとんど永久保持を決めているとしたら、スワップポイントは絶対に手が出せないって事になります。

払い出すためには、その時に為替が下落していて、マイナスの状態でも決済しないと行けないと言うことになります。

これは痛い。

例えば、南アフリカランド。少しづつ下がってきていますが、下がった状態でホールドとなると、なかなか売りたくないですよね。

しかし、日々着々とスワップポイントは貯まってる。

これはやはり、デメリットでしょう。

なので、欠点なんです。

 

www.oguecolabo7.com

 

SBIFXトレードは

ご存じ、SBIグループのFX専用証券会社。

SBI証券の中にも、FX取引できるサービスはあります。

以前はそこでやってました。

しかし、あるとき仕組みが変わりやむなく次のFX取引会社を選ぶことになりました。

当然、そのまま使い続けるというてもあったんですが、くりっく365と同様に、スワップポイントが払い出せないという大きな欠点がありました。

で、調べてみると、何と素晴らしい所が見つかったのです。

それがSBIFXトレード

ここは本当にいい。

使いやすいし、ツールもいい。

何と言ってもスワップポイントがいつでも払い出せるという点が、安心感がある。

 

と言うことでSBIFXトレードに統合

くりっく365の方はかなり長いこと運用していました。

だから正直持っているポジションは結構高値で買った物でした。

10円台の時の物でした。

長い期間持っていたので、それでもスワップポイントの方が高くなっていました。

現在の価格でいっても、スワップポイントの方が高いくらいでした。

従って売ってもプラスにはなります。

ただ、永久保持が前提であるため、資産管理上は評価損は計上していませんでした。売却することにより、損失が計上されるため、資産が数字上マイナスになることです。

まぁ、これは割り切ればいいだけの話なんですけどね。

 

www.oguecolabo7.com

 

現在の南アフリカランド

格付け会社ムーディーズは、11月1日、南アフリカの格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げました。

格付けは投資適格級で最低水準の「Baa3」に据え置きました。 

なんとかジャンク入りは回避できたようですが。

 

www.oguecolabo7.com

ムーディーズは、経済成長の先行きや、公的債務の負担を巡り、今後も引き続き悪化がみられるとしました。

問題点として、高い失業率、政治不安定、所得の不均衡などの問題が予想より厳しいと指摘しました。

今の時点で南アフリカランドは、一時急落し、7.1円台まで落ちています。

一時7.4円台まで回復したのに。

今後南アフリカランドはどうなるのでしょうか。

まだまだ予断を許しませんね。

 

南アフリカ財務省は、10月30日に中期財政計画を発表しました。

2020年度の3月までの財政赤字GDP比率が5.9%に達するとの見通しを示しました。

これはかなり厳しい数字となっています。予想値の4.5%を大きく上回っています。

 

www.oguecolabo7.com