おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

【サラリーマン書評】「ノースライト」横山秀夫~少し退屈に感じたがそれは自分のせいなのかなって。

SPONSORED LINK


◆◆◆  お勧め商品  ◆◆



今回は、「ノースライト」。

横山秀夫の作品です。

 

結構人気の小説でした。

図書館に予約していましたが、なかなかあかなくて、忘れてた頃に連絡がきました。

なんの作品だっけと記憶をたどりながら窓口に取りにいきました。

横山氏の作品は、いい作品が多いです。

 

有名なのは、「半落ち」かな。

 



説明・あらすじ

青瀬稔は、建築家だ。

彼が設計したY邸は、大手出版社が出した「平成すまい二〇〇選」にも載った自信作である。

しかし、そこに住んでいるはずの住人は、引き渡した後、全く住んでいないことがわかった。

なぜなのか。

 

事務所は、藤宮春子メモワールの入札に大忙し。

そんな中、青瀬は、住人を探し始める。

渾身の傑作という思いがある家。

受け渡しの時、あれほど喜んでくれていたのに。

 

なぜ?なぜ?

 

徐々に明るみに出る真実!

 

リンク

読んだ時の感想 注!ネタバレ

うーん。

あらすじでは書いたけど。

ちょっと退屈だったかな。

なんだろう。

 

ちょっと刺激というか、ドラマティックな展開を求めすぎてるんだろうか。

でもそうでもない。

「崩れる脳を抱きしめて」とか、結構日常の何気ない風景を描いたものも、結構好きだったし。

横山氏の書き方なのか。

 

本来であればいいのかも知れないけど、なんだろう。

自分に余裕がないのか。

すごく説明がまどろっこしい。

 

結構読み飛ばしたというか、斜め読みで読んでしまった部分が多いような。

建物の感想とか、そんなのあまり興味ないし。って。

 

抽象的でわかりにくい。

建築物に対する思いが違うからだろうか。

 

正直結末も、なんで?って思うような。

思いは伝わるが、でも、その方法はあってる?みたいな。

 

建築家でも、建てた建物をいつまでも思い続けることはないだろうし。

家って、その場所とかも大切で、便利かどうかも重要だ。

いくら建物が良くてもな。

 

なんだろう、嗜好が変わってきたのか。

横山氏に少し物足りなさを感じるようになったのか。

いやいや、もう少し自分を見つめ直さないとな。

なんか、本がどうというよりは、本をキチンと消化できなかった自分が少し残念に思いました。

 

 

 

総評

◆読みやすさ

読みやすさ:2

説明が長く、わかりづらいものが多いなって感じた。

それは読み手のせいなのか。

それとも嗜好が変わったからなのか。

それはわからないけど。

 

◆意外度

意外度:3

あいつは一体誰だ?

意外と身近な人だった。

それに、なんか。

うーん。意外とは少し違うな。

 

◆夢中度

夢中度:2

珍しく、読むのに1週間ぐらいかかった。

面白い本だと、1日で読むのに。

なんだろうか。

少し残念だ。

 

◆読んだ後のすっきり度

読んだ後のすっきり度:3

しっくりとはこないな。

なぜ、家なんだって。

もっと違う方法は?って。

わかりやすい方がよくないかって。

 

 

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

  

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

 

 

読書について

本を読んでいると何か吸い込まれるように、その物語の中に没頭してしまいます。

いい意味でも、悪い意味でも。

時に深く考えさせられることもあります。

 

人生にとって読書、本を読むというのは非常に大切なことだと私は考えています。

最近世間では本離れが進んでいると言われています。

 

本を手にする代わりに、なんでもスマフォで調べたり、スマフォで小説を読んだりと。

ある意味それは時代の流れかもしれないのですが、しかし私は紙の本を手に取って読んでもらいたいと考えています。

 

もちろん中には読むに値しない駄作も数多くありますが、それ以上に良い本はたくさんあります。

 

駄作の中にもそれぞれ考えさせられることもあり、無駄な本はあまりないと考えています。

 

もっとみなさん本を読みましょう。

そこから何か、ほんの少しでも自分を高める何かが見つかるような気がします。

ほんの少しかもしれませんが、それが積もると立派な財産となります。