おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

【サラリーマン書評】「冷たい校舎の時は止まる」辻村深月~なんだか不思議な不思議な物語

SPONSORED LINK


◆◆◆  お勧め商品  ◆◆



今回は、「冷たい校舎の時は止まる」。

辻村深月の作品です。

 

色々ネットで面白そうな小説を探していて見つけました。

大阪市立図書館で予約して読みました。

結構ぶあつく読み応えのある本です。

文庫本で上下巻です。

1冊自体も結構な厚みです。

 

結構こういう分厚い本は好きなんですよね。

 

薄いとすぐに読み終わってしまうので。

前回は、「村上海賊の娘」という、文庫本で全4巻の本を読みましたが、続けてのこのボリュームなので、心配なのが図書館の有効期限です。

 

まぁ、申し訳ありませんが、すぐに期間延長させてもらいましたが。

 

f:id:se-keneconomy:20211210231720j:plain



 

説明・あらすじ

ある雪の降る朝。

学校に投稿した生徒たち。

しかし、教室の電気はついているものの教師や他の生徒の姿は見えず。

 

何かおかしいと感じる生徒たち。

 

そこにはある事件が関係していた。

そう、2ヶ月前の学園祭の最終日に起こった生徒の自殺。

 

しかし、それなら肝心の担任教師がいない。。。

 

それに生徒たちには、その時の記憶がない。。。

どういうことなのか。

一体自殺した生徒は誰なんだ?

 

最後にくる衝撃の結末!

 

読んだ時の感想 注!ネタバレ

結構こういうのってなんでもありかなって。

だって、全てが誰かの頭の中なんだから。

 

なんでもありなんで、なんかまともに推理するのをすぐに放棄する。

問題は、一体誰が自殺したのかってこと。

もう興味はそれ一点となります。

 

そのヒントを探ろうと必死になって読み続けるって感じですね。

 

生徒にはいろいろ問題もあり、悩みもあり、複雑だなって。

高校生の時って、こんなに問題抱えてたっけって。

自分の照らし合わせてみたりもするけど、これほど複雑じゃなかったなって。

 

まぁ、この本の醍醐味は、最後の最後までわからない自殺した生徒。

誰の頭の中で物語は進んでいくのか。

 

妄想の物語って感じですね。

 

 

 

総評

◆読みやすさ

読みやすさ:2

生徒の名前がなかなかしっくりこない。

読むたびにこの生徒誰だっけって。

じっくり読まないと、なんかストーリーがなかなか頭に入ってこないって。

 

◆意外度

意外度:4

この物語事態が意外度の連続だった。

もう正直わけがわからないというか。

 

◆夢中度

夢中度:5

上巻の途中から、もう夢中になって読み出しましたね。

途中なんか正直ちょっとだるいなって思う時はありましたが、後半はもう一気に読みづらいながらも夢中になりましたね。

 

◆読んだ後のすっきり度

読んだ後のすっきり度:5

微妙。

スッキリしそうでちょっとしないっていうか。

結局どうなんだろうって。

 

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

  

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

 

読書について

本を読んでいると何か吸い込まれるように、その物語の中に没頭してしまいます。

いい意味でも、悪い意味でも。

時に深く考えさせられることもあります。

 

人生にとって読書、本を読むというのは非常に大切なことだと私は考えています。

最近世間では本離れが進んでいると言われています。

 

本を手にする代わりに、なんでもスマフォで調べたり、スマフォで小説を読んだりと。

ある意味それは時代の流れかもしれないのですが、しかし私は紙の本を手に取って読んでもらいたいと考えています。

 

もちろん中には読むに値しない駄作も数多くありますが、それ以上に良い本はたくさんあります。

 

駄作の中にもそれぞれ考えさせられることもあり、無駄な本はあまりないと考えています。

 

もっとみなさん本を読みましょう。

そこから何か、ほんの少しでも自分を高める何かが見つかるような気がします。

ほんの少しかもしれませんが、それが積もると立派な財産となります。