おぐけんブログ 悠々自適の投資生活を目指して

主に経済に関する記事を扱います。経済ニュースや、投資信託、南アフリカについて、趣味のゴルフの記事を中心に書いています。

【サラリーマン書評】「逸脱」堂場瞬一~鳴沢了復活かって。澤村慶司刑事の活躍が面白い!

SPONSORED LINK

堂場瞬一氏の高城賢吾シリーズを読んでたんですが、なんかいまいちピリッと来ない。

鳴沢了刑事シリーズからだと、なんか失踪課と言うのがね。

 

で、探してみると、ありましたね。

捜査一課の澤村慶司刑事シリーズ。

 

全3話しかないようですが、ちょっと買ってみました。

例のごとくアマゾンの中古本。

一度読むだけなので、もう最近は中古本で十分かと。

当然、本は汚れていますが、まぁあまり気にならない。

 

読んでみると、これは意外と面白い。

また後で感想は書きますが、このシリーズは鳴沢了刑事シリーズに似た感じがする。 

 

f:id:se-keneconomy:20200717205644j:plain

 

 

説明 注!ネタバレ

概要はというと、クビにナイフを突き刺すという連続殺人事件。

ナイフが刺されるのは、実際に犯罪を行った後。

証拠品もナイフ以外になく、警察は途方に暮れている。

 

優秀だが、どうしても孤立してしまう澤村刑事。

捜査一課長とは、ある事件を通じて同士のような関係で、優秀な澤村刑事を頼りにしていることから、更に周りから疎まれてしまうことも。

 

そんな中、管理官と喧嘩してしまい現場から外されてしまう。

逆に自由に動けるようになった澤村は、もう一度一から事件を洗いなおしてみることに。

 

すると、今まで見えてこなかったものが。。。

 

刑事の基本とは。

優秀な刑事になることを誓い、がむしゃらに仕事に打ち込む澤村刑事。

どんな社会にも使えない上司は多い。

うまく立ち回るだけしか能のない上司に対しても、容赦ない澤村。

 

結構スカーとし、物語も非常に面白い。

なんか夢中になって読んだな。

 

読んだ時の感想

鳴沢了シリーズが終わり、もっと刑事ものを読みたいなって思い、失踪課シリーズを呼んだが、いまいち感が。

そこで、このシリーズを読んだけど、面白いね。

鳴沢了復活と言う感じがする。

 

鳴沢了刑事と組んだらどうなるんだろうねって。

 

ある事件がずっとこの澤村刑事に多大な影響を及ぼしているんだけど、それは話の途中で明らかになる。

捜査一課長との関係も明らかになる。

 

ただ、ちょっとすっきりしない。

確かに強烈なインパクトはあるが、ラリッた犯罪者に対してどこまで責任を感じるのか。

 

助けられなかった少女に対して思う気持ち。

それは本当に大切だと思う。

しかし非はどこにあるのか?

 

少なくとも澤村刑事にはないように思えた。

ただあるのは、薬に手を出して犯罪を犯す奴らへの憎しみ。

 

しかし薬をやっている女性に対しては、そんな憎しみはないんだよな。

薬やっている奴ら全員憎いだろって思うんだが、そうではないようだ。 

 

 

途中プロファイリングのプロが出てくるが、いいキャラなのか、どうなのか。

意外と澤村刑事と良いコンビではないかと思うんだが。

 

プロファイリングは、傾向から犯人像を絞っていく。

これはある意味、犯人を探し出す1つのアプローチとしては十分ありだと思う。

 

結局犯人を捕まえて、動機なんかを聞いて、事件を解明させようとするんだから、その結果を次に生かそうとするのは非常に当たり前のような気もするが。

現場の刑事の中には、プロファイリングを全く信じていない刑事も多いって言ってたが、それはなんか矛盾してるよな。

 

なら犯人を捕まえて自供したら、動機なんてもういいやんって感じだが。

動機を調べるのは、やはりデータを貯めるためのものでもあるんじゃないかと思うな。 

 

総評

◆読みやすさ

読みやすさ:4

これだけ堂場瞬一氏の本ばかり読んでると、もうかなり慣れるよな。

すごく頭にすいすい入ってくる。

登場人物も結構みんな特徴的で。

しかしコンビを組む女性刑事も、いい味出してるよな。

若い子に突っ込まれるのが、いい感じで笑える。

 

◆意外度

意外度:3

最初はもう一体誰が犯人だ!てことでかなり謎モード。

しかし途中から、少しづつ犯人がわかってくる。

この辺の意外度は4とか5くらいあるね。

全体としては、やはり平均かな。

この意外度も、難しいね。

途中で来ると、最後はそりゃ3ぐらいに落ちてくるわな。

 

◆夢中度

夢中度:5

これは面白い!

夢中度は最高の5。

結構最近動画見たり、「鬼滅の刃」(コミック)を読んだりとしていたので、連続ってわけにはいかなかったけど、手が空いている時には半頁でも読んでたな。

夢中度は最高!5点!

 

◆読んだ後のすっきり度

読んだ後のすっきり度:4

面白くて、後すっきり!っていうか。

まぁ、後半は犯人とのやり取りがスリル満点!

シリーズの続きを読みたくなったという点では、やはり良かったのかな。

 

堂場瞬一 捜査一課 澤村慶司シリーズ

澤村慶司シリーズは以下となっています。 

  1. 逸脱(今回)
  2. 歪(ひずみ)(未読)
  3. 執着(未読)

  

堂場瞬一 高城賢吾刑事シリーズ

高城賢吾シリーズは以下となっています。 

  1. 蝕罪(読破)
  2. 相剋(読破)
  3. 邂逅(読破)
  4. 漂泊(未読)
  5. 裂壊(未読)
  6. 波紋(未読)
  7. 遮断(未読)
  8. 牽制(未読)
  9. 闇夜(未読)
  10. 献心(未読)

 

www.oguecolabo7.com

 

 

www.oguecolabo7.com

 

 

堂場瞬一 鳴沢了刑事シリーズ

シリーズは以下のようになっています。

  1. 雪虫(読破)
  2. 破弾(読破)
  3. 熱欲(読破)
  4. 孤狼(読破)
  5. 帰郷(読破)
  6. 讐雨(読破)
  7. 血烙(読破)
  8. 被匿(読破)
  9. 疑装(読破)
  10. 久遠(上・下)(読破) 

 

 

www.oguecolabo7.com

www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

  www.oguecolabo7.com

  www.oguecolabo7.com

 

www.oguecolabo7.com

  

www.oguecolabo7.com

  

読書について

本を読んでいると何か吸い込まれるように、その物語の中に没頭してしまいます。

いい意味でも、悪い意味でも。

時に深く考えさせられることもあります。

人生にとって読書、本を読むというのは非常に大切なことだと私は考えています。

最近世間では本離れが進んでいると言われています。

本を手にする代わりに、なんでもスマフォで調べたり、スマフォで小説を読んだりと。

ある意味それは時代の流れかもしれないのですが、しかし私は紙の本を手に取って読んでもらいたいと考えています。

もちろん中には読むに値しない駄作も数多くありますが、それ以上に良い本はたくさんあります。

駄作の中にもそれぞれ考えさせられることもあり、無駄な本はあまりないと考えています。

もっとみなさん本を読みましょう。

そこから何か、ほんの少しでも自分を高める何かが見つかるような気がします。

ほんの少しかもしれませんが、それが積もると立派な財産となります。